四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識

四国八十八箇所、お遍路を廻る

お遍路、四国八十八箇所とは

四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院の総称を四国八十八箇所と呼びます。

それら88の霊場寺院を結ぶ道を遍路道といい、地元の人々は巡礼者をお遍路さんと呼びます。

霊場に参詣することを「打つ」と表現しますが、これら88の場所をすべて廻るのが一般的に言われる「お遍路さん」「四国八十八箇所巡り」となります。

お遍路の目的

お遍路の目的は、健康祈願、自分探し、開運、縁結びなど人それぞれです。

巡礼者が持つ笠には「同行二人」という文字が書かれています。

これはひとりは自分、そしてもう一人は弘法大師を意味します。

つまりは弘法大師様と二人で巡礼の道を歩くというのがお遍路ということになります。

実際のお遍路では道中、他の人との声の掛け合い、地元の方々をはじめとした人の暖かい心などに触れ、本来の●●祈願といったような目的はどうでもよくなり、穏やかな気持ちで帰路に就く人が多いといいます。

四国八十八箇所の距離

88か所すべて巡礼すると、おおよそ1000km~1400kmとなります。
(距離に開きがあるのは後述する廻るルートが自由なため)

これは、鹿児島最南端「佐多岬」から北海道最北端「宗谷岬」までが地図上の直線距離にして約1888kmですので、かなりの距離であることがわかるでしょう。

四国八十八箇所を廻ると時間はどれくらい?

上記の距離を徒歩で移動すると、一般的には40日程度はかかるとされていますが、通るルートは決まっているわけではなく自由なので(下に説明あり)、それ次第で大きく、歩く距離、かかる時間は変わります。

現在は交通整備もしっかりしてきているので、車での移動が可能な区間もあり、それらを利用した場合、早い人で5日間くらいで四国八十八箇所を廻ることができます。

お遍路巡りをする前に知っておきたい知識

長期休暇が取れなくてもできるお遍路さん

徒歩だと40日はかかる四国八十八箇所巡り。

そんな時間はない、という人もいるでしょうが、四国八十八箇所巡りは何も1回の旅で終らせる必要はないんです。

始めに参詣するスタート地点というのも特になく、好きな場所(寺)からスタートできます。

上でも書いたように霊場に参詣することを「打つ」と言いますが、その打ち方には以下のような様々なものがあります。

・1度の旅で八十八箇所のすべてを廻る
「通し打ち」

・何回かに分けて巡る
「区切り打ち」

・阿波、土佐、伊予、讃岐の4つに分けて巡礼する
「一国参り」

・順番どおり廻る
「順打ち」

・逆に廻る
「逆打ち」

・順序にこだわらず打つ
「乱れ打ち」

これを見てわかるように、好きな場所から好きな時に好きなところを廻ればよい、というのが四国八十八箇所巡りなのです。

つまり、「今回はここまで参拝できたから、また半年後に続きから行こう」というようなことが可能なんです。

お遍路さん参拝の仕方

宗派や指導者によって多少異なりますが、山門で一礼し、手水舎でお清めをしたのち、表示などで可能であれば鐘楼堂にて鐘を一回突く(参拝後には突かないこと)というのが流れになります。

そして本堂において燈明、線香、賽銭奉納をし納札(おさめふだ、後述)を納めたりします。

また、写経を納めることもあります。

お遍路さんの服装

金剛杖、菅笠、白衣というのが伝統的なお遍路さんの服装になります。

 

画像元

しかし最近ではパワスポ巡りの流行やテレビなどの影響で「お遍路ガール」なるものも増え、カジュアルな私服での参拝者もいます。

参拝とは気持ちの問題なのでスタイルは好きな格好でもよいと思いますが、四国八十八箇所を廻ろうと思ったら山道などがたくさんありますので、適した格好で行くのが良いと思います。

また、山ですので天候の変化、気候の変化は激しく、雨、寒さへの対策など、それなりの準備は必要です。

雨具はリュックなども一緒にカバーできるポンチョ式をおすすめいたします。

お遍路さんの一般的な持ち物、必需品

上で書いた伝統的なお遍路さんの服装という基準での持ち物などをご紹介します。

白衣(びゃくえ)

白衣(道中着)はお遍路さんの正装で袖無しのものもあります。

金剛杖(こんごうづえ)

お大師さまの象徴(お大師さまそのもの)として考えられてきましたが、現実的にも山道を歩くため非常に助かるアイテムとなります。

※ 橋の上では杖をつかない慣習があるのでやらないほうがよいでしょう。

架娑(けさ)

袈裟には、たくさんの種類がありますが、お遍路さんでは輪袈裟をつけてお参りされるのが一般的です。

数珠(じゅず)

真言宗用の数珠が一般的とされていますが、自分の宗派のものでもかまわないでしょう。

経本(きょうほん)

般若心経や各札所御本尊の真言などが書かれた、四国霊場巡拝用のものがよいとされます。

頭蛇袋(ずだぶくろ)・さんや袋

納経帳や納札、数珠、経本、線香、ロウソクなど持ち物を入れて肩から斜めにかけて持ち歩くもので、いわばお遍路さん用ショルダーバッグというようなものです。

納経帳(のうきょうちょう)

参拝した証として各寺の納経所で墨書とご朱印をいただくためのいわば御朱印帳。

納経帳は一回だけでなくお参りするたびに二回、三回と同じ納経帳にご宝印(ご朱印)をいただける重ね印というものがあります。

納札(おさめふだ)

遍路修行の証として、本堂と大師堂の納札箱へ納めます。

読経あるいは写経を納めた証に本堂と大師同の2カ所でこの札を納めます。
1枚ずつ表には自分の住所(詳細でなくてよい)と名前、参拝年月日。
裏には願い事などを書いておきます。

四国88の寺院一覧



風水とパワースポットの関係性

日本の最強パワースポットとされる場所

伊勢神宮浅草寺出雲大社清水寺川崎大師三峰神社日光東照宮


神頼みもよいけど知識も大事ですよ
知っ得キャッシングマニュアル
金運だけで決まらない!お金の貯まる知識とキャッシングの常識。お金持ちに共通するものとは?
パワースポットで金運、恋愛運を上げる、パワースポットの相性や属性「火・地・風・水・空」を把握して宝くじなども神秘的力で当選させましょう。
四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識のご利益、パワースポット四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識について。四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識でお守りを買うとその効果、ご利益は? 縁結びや金運に効果はあるか?相性の良い属性を調べる。

関東のパワースポット一覧、関西のパワースポット一覧など掲載しています。


旅行をしたい時、格安チケット、格安ツアーなどがあっても、運気を下げるような場所へ旅行してしまっては意味がありません。パワースポットの属性を確認しましょう。


願いが叶うパワースポットを探すなら当サイトでどうぞ。属性を調べて、あなたに最適の協力パワースポットへ行くのが最適ですが、現在は郵送での祈願、ファックスでの祈願、お守りの郵送など、各種サービスを行う神社仏閣が増え、受験生などにも人気のようです。ご利益がある神社仏閣はパワースポットと属性を調べていこう。

四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識駐車場情報。四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識交通情報、アクセス。四国お遍路の旅、距離と日数と基礎知識に関する神社の参拝時間。

シェアする

フォローする